2010年8月22日日曜日

小手調べにキットから

久しく自分でまじめに作っていなかったので、しばらく前に手に入れていた若松通商のオリジナルUSBオーディオキットWUAIF01を作ってみた。このキットはUSBコネクタから電源もとれるので、お手軽に作ることができる。OPAMPはOPA2350が付属していて、アナログ出力のラインアウトに使っている。ヘッドホン出力もあるが、こちらはPCM2706からの受動素子の簡単なフィルタのみのダイレクト出力となっている。
USBインタフェース対応のPCM2706が基板の上に既に搭載されていて、あとはその他の部品をハンダ付けすれば出来上がりである。とりあえずは音云々ではないので部品としてはキットのものを使用したが、OPAMPと水晶発振器だけは一応ソケットをつけた。
ハンダ付けが下手になったなあ、と実感しつつ、それでもなんとか完了。一応、Macにダイレクトでは怖いので、USBハブ経由でまずは接続。問題なし。音も出る。
それにしても便利なICだねPCM2706は。この基板については若松通商さんのだから特に言うことなし。
それじゃ次へいってみよう。
※ステレオのミニジャックと基板もキットにはついていません。

2 件のコメント:

Kouta さんのコメント...

はじめまして。
相馬焼きと申します。

私も若松通商のUSB-DACをケースに収めて愛用しています。
夜間にコンピュータを使用する際、ヘッドフォンを接続出来るのでとても重宝しています。

Dai さんのコメント...

ごめんなさい。長らく休眠していたので見落としてました。また、コメントがあればお寄せください。今度は見落としません。